よくある質問
【風俗営業の許可】
Q1. 風俗営業とはどのような業のことですか。
この営業については、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」(以下「風営法」と呼ぶ。)に規定があります。
この法律によると、風俗営業とは8つの営業に分類
1. キャバレーその他設備を設けて客にダンスをさせ、かつ、客の接客をして客に飲食をさせる営業
2. 待合、料理店、カフェーその他設備を設けて客の接待をして客に遊興又は飲食をさせる営業(前号に該当する営業を除く。)
3. ナイトクラブその他設備を設けて客にダンスをさせ、かつ、客に飲食をさせる営業(第一号に該当する営業を除く。)
4. ダンスホールその他設備を設けて客にダンスをさせる営業(第一号若しくは前号に該当する営業又は客にダンスを教授するための営業のうちダンスを教授する者(政令で定めるダンスの教授に関する講習を受けその課程を修了した者その他ダンスを正規に教授する能力を有する者として政令で定める者に限る。)が客にダンスを教授する場合にのみ客にダンスをさせる営業を除く。)
5. 喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、国家公安委員会規則で定めるところにより計った客席における焦土を十ルクス以下として営むもの(第一号から第三号までに掲げる営業として営むものを除く。)
6. 喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、他から見通すことが困難であり、かつ、その広さが5平方メートル以下である客席を設けて営むもの。
7. まあじゃん屋、ぱちんこ屋その他設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業
8. スロットマシン、テレビゲーム機その他の遊技設備で本来の用途以外の用途として射幸心をそそるおそれのある遊技にもちいることができるもの(国家公安委員会規則で定めるものに限る。)を備える店舗その他これに類する区画された施設(旅館業その他の営業の用に供し、又はこれに随伴する施設で政令で定めるものを除く。)において当該遊技設備により客に遊技をさせる営業(前号に該当する営業を除く。)
このことから、一般に風俗営業とは「性風俗」と思われがちですが、一般の飲食店等の営業も風俗営業に分類されていることがわかると思います。
Q2. 風俗営業の許可手続きはどのようになっていますか。
風営法によれば、風俗営業の新規の許可申請書には、
1. 氏名又は名称及び住所並びに法人にあっては、その代表者の氏名
2. 営業所の名称及び所在地
3. 風俗営業の種別
4. 営業所の構造及び設備の概要
5. 営業所の管理者の氏名及び住所
6. 法人にあっては、その役員の氏名及び住所
7. 営業の方法を記載した書類
8. その他内閣府で定める書類
が必要となります。
この書類を取りまとめて、管轄の公安委員会に提出することになります。
Q3. 風俗営業と営んでいる事業を息子が相続する場合は、どうなりますか。
風営法によると、その相続人は被相続人の死亡後六十日以内に公安委員会に申請をし、その承諾を受けなければならないとなっています。
民法上の、遺産分割協議のみで相続できるものではありませんので注意が必要です。
Q4. 風俗営業を行っている法人と行っていない法人の合併の場合はどうなりますか。
あらかじめ合併について国家公安委員会の承認が必要となります。承認後、風俗営業の地位を承継することとなります。
法人の登記事項証明書に風俗営業を営む記載があっても許可がなければ営業ができないことに注意が必要です。
詳細はお近くの行政書士にお尋ねください。