よくある質問
【古物商の許可】
Q1. リサイクル店を経営するためには、どのような手続きが必要ですか。
古物営業法は、盗品の流通防止や早期発見を図る目的で、古物営業に係る業務について必要な規制等を行っています。
古物として取り扱える物は、
1. 一度使用されたもの
2. 使用のために取引されたもの
3.転売目的で購入したもの
となっています。
したがって、リサイクル店を経営するためには、古物商の許可が必要と言うことになります。
Q2. インターネットのオークションに出品するのに手続きは必要ですか。
自分で使用していたものを出品することにはなんら許可は必要ないと考えられますが、転売を目的としてオークションに出品されているものもあるようです、この場合は、古物商の許可は必要です。
Q3. フリーマーケットに参加するのは、古物商の許可は不要ですか。
フリーマーケットで出店する際も、転売目的のものを取引する場合は、古物商の許可が必要となります。
Q4. レンタル業は、古物商に該当しますか。
古物を買い取ってレンタルに使用する場合は、許可が必要です。業者から新品を購入してレンタルする場合には許可は不要となっています。
Q5. レンタル会社を他の県にも出店したいのですがどうしたらいいですか。
古物商の許可は、都道府県毎の許可となっていますので、新たに出店予定の所在地で許可が必要となります。
同一県内ですと、現在の許可でいくつでも出店は可能です。
詳細はお近くの行政書士にお尋ねください。