よくある質問
【土地利用(都市計画・建築基準法)】
Q1. わたしの庭先に工場を建築しようとしたのに、建築できないと言われました。
都市計画法という法律によりますと、その都道府県によって、建物の建築できる場所を制限している地域があります。法律上の用語ですと、「用途地域」と言われるものです。
この制度は、その地域の住民が生活しやすいように、都道府県単位で取り決めされているようで、たとえば、自分の土地だからといって、病院の横に工場を建築するとか、自分の土地だから学校の横に風俗店を開設してもいいだろうと考えても、そのことが全体の住民のメリットになるのか?ということと比較して考えられていますので、いくら自分の土地だから個人の意思を尊重してくださいと主張してみても、公共の福祉が重要視されますので、今回のように自分の庭であっても工場が建築できない土地があります。
Q2. 建ペイ率・容積率ってなんですか。
その土地に対する建物の割合のことを、建ペイ率とか容積率という事項で制限をすることです。
建ペイ率とは、その土地を上空からみた時の、土地に対する建物の割合のことで、
建ペイ率 = 建物の建築面積 / 土地の面積
で、表現されます。
容積率とは、その土地に対する建物の合計床面積による割合のことです。
容積率 = 建物の合計床面積 / 土地の面積
という表現になります。
Q3. 道路が建築基準法上の2項道路であると、道路の反対側の住民に指摘されましたがどういうことですか。
その道は、建築基準法第42条の規定により建物を建築できる道であると指定されているようです。
この道路は道路の幅が4m未満のもので、今後その道沿いで建物の建替等を行う場合には、前面の道路を4mに拡幅していく必要がある道路ということになります。
Q4. 建築確認を提出する前に、建築基準法第43条但し書きの許可申請をしてくださいと言われましたが何のことでしょう。
建築基準法第43条によりますと、建築予定地の前面道路が、建築基準法上の道ではないとされていても、ある一定の条件により建築可能となる場合があります。
今回はその道路に該当するということで、許可申請をする必要があります。
詳細はお近くの行政書士にお尋ねください。