よくある質問
【遺言】
Q1. 遺言とはどのような事でしょうか。
人は自己の財産を自由に処分する事が出来ます。したがって、その権利をその死後にまで認めた法定の制度であり、遺言は遺言者の最終の意思表示です。
Q2. 遺言は誰でもできるのでしょうか。
15歳以上であって遺言をなしたときに意思能力が無ければなりません。
Q3. 遺言はどんな内容を記載出来ますか。
遺言は、法律の定める一定の方式に従って作成しなければならず、法律の方式に違反する遺言は無効となります。法的な保障の範囲が規定されておりそれ以外の事項を定めても法的には意味がありません。
Q4. 遺言の仕方はどのような方法がありますか。
遺言には普通方式遺言(公正証書遺言、秘密証書遺言、自筆証書遺言)と特別方式遺言(危篤時遺言、隔絶地遺言)とがありますが、それぞれ手続きが異なります。
詳細はお近くの行政書士にお尋ねください。