会長挨拶

 国民の利便に資する新しい時代の行政書士を目指して

香川県行政書士会のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
行政書士は、行政書士法に基づく国家資格者で、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成、行政不服申立て手続代理等を行います。
香川県内では、約400名の行政書士が、市民と官公署とをつなぐ法務と実務のスペシャリスト、「頼れる街の法律家」として、法律専門国家資格の中でも特に幅広い業務範囲を持ち、地域に密着した法務サービスを提供しています。
昭和26年に行政書士法が制定以来、行政書士を取り巻く環境は、ますます複雑化、多様化し、行政書士に求められる役割もますます大きく、その責任も重大となっております。
私たち行政書士は、法令を順守し職業倫理を向上させ、品格と誇りを持ちつつ、国民の皆様のニーズに対応し、また、士業間の職域、非行政書士の問題についても、コンプライアンスの確立に努め、毅然とした姿勢で公共的使命を果たしていきます。
この新しい時代、変動の時代に、業務に精通しその変化に対応できる行政書士、香川県行政書士会を目指し、「街の法律家」として、国民の期待に応えられるように全力で取り組んでまいります。

令和元年6月
香川県行政書士会
会長 入江 宏幸